マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

VHDについて。

詳細

形式

容量固定

あらかじめ決めたボリュームサイズと同等のファイルサイズで作成。

  • メリット
    作成時と使用時のVHDファイルサイズは変化が無いため、
    • フラグメント化を防止できる。
    • 下位レイヤのアライメントと揃えることが容易。
  • デメリット
    サイズが大きいために取り扱いが難しくなることもある。

容量可変

  • VHDファイル中に管理情報を持っていて、論理ブロックが、
    ファイル中のどの位置(FilePosition?)にあるか、自前で管理する。
  • メリット
    容量固定に書かれている、メリットがない。
  • デメリット
    容量固定に書かれている、デメリットがない。

Sparse Files

  • NTFSのファイルシステムの管理情報として、

HDDのセクタを

  • 割り当ててあるセクタ
  • 割り当てていないセクタ
    • 割り当てていないセクタをreadすると、00 が返る。

がある。

  • Sparse Filesを作る場合、専用のAPIで、
    特定のFilePosition?を切り捨てる。
  • AzureのVHDは、Sparse Files形式で、
    実使用容量(ActualGB)の分だけPage BLOBを使う。

差分

元のVHDイメージと使用した場合の差分を扱う。

ハードディスクへのリンク

物理ハードディスクのリンクまたはパーティションとして使用する形式。

可搬性

基本的にVHDは持ち運びができるが、以下の点に注意が必要。

ホストOSとゲストOS

ホストOS(VM構成バージョン)とゲストOSの互換性

VHDの互換性

  • ただし、VHDの移行には、以下の問題がある。
    • 構成情報の移行ができない。
    • スナップショットの移行ができない。

エクスポート / インポート

  • VHD単体ではなく、構成情報やスナップショットも移行する。
  • Windows 8 や Server 2012では
    エクスポートしていない仮想マシンでも直接インポートできる。
  • エクスポート / インポート における 互換性は、以下のように言えるらしい。
    • 新しい OS にて作成した仮想マシンを古い OS のホストにインポートする事は不可
    • ただし、上記 以外のケースでも、失敗することがある(2008→2012R2はダメらしい)。
  • 参考

TPM

VM のTPM(Trusted Platform Module)を有効にしている場合は、TPMも移行する必要がある模様。

参考


Tags: :Windows, :Hyper-V, :仮想化


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-27 (木) 09:18:32 (22d)