マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Virtual Private Network、仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれる。
  • 公衆網に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワーク。
    イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークである
    インターネットに跨って、専用線で接続されているかのような、
    機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵が実現される。
  • VPNで利用されるプロトコルには、

    SSH / TLS (SSL) / IPsec / PPTP / L2TP / L2F / MPLS

などがある。

種類

インターネットVPN

インターネットを介しVPNを構成する

IP-VPN

ISPが提供する閉域網を利用する

レイヤ

IP-VPN

IPに限定されるL3レイヤで仮想的なネットワークを張る。

L2-VPN

更にIPに限定されないL2レイヤで仮想的なネットワークを張る。

動作モード

トランスポートモード

  • データの暗号化を、クライアントが直接行う。
  • すべての通信でデータは暗号化されているが、IPヘッダの暗号化は行われない。
  • すべてのクライアントにVPNソフトウェアをインストールする必要があるが、モバイル端末からのアクセスなどには利用しやすい。

トンネルモード

  • データの暗号化を、VPNゲートウェイで行う。
    • クライアントは、暗号化されていないデータに受信クライアントあてのIPヘッダを付与し、VPNゲートウェイへ送信する。
    • VPNゲートウェイ間の通信では、データ及び受信クライアントあてのIPヘッダはカプセル化される。
  • 拠点間通信でのみ利用可能となり、また、ローカルネットワーク内の通信は暗号化されない。

参考

IPsec

SSTP

VPN Gateway


Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-28 (月) 09:32:07 (150d)