マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • BASICから派生したマイクロソフトの開発言語。
  • 拡張されたQuickBASICを経て、Visual Basicへ。
  • 昨今、COBOL的にレガシー化している。

詳細

  • 全体的に、まだまだ、よく使われるが、
  • 以下の
    • 一部が、開発系のサポート切れ。
    • 全てが、メンテナンス・フェーズ入り。

している。

VB 6.0

  • ランタイム・サポート以外は終了している。
  • サポートは無いが、実質的に開発は可能。

Visual Basic for Applications (VBA)

  • Microsoft Officeのオートメーションなどで継続的に利用されている。
  • ただし、
    • Microsoft Office以外へのライセンス提供は停止されている。
    • また、言語仕様の進化はなく、JavaScriptやPythonに移行されつつある。

VBScript (VBS)

  • WSH上で動作し、Windows上でのバッチ処理の開発で利用されるが、
    Active Scriptingの非推奨化により、後継のPowerShellが登場した。
  • クライアント側スクリプトとしての利用は、JavaScriptが一般化した。

VB.NET

  • 最新の.NET 5でもサポートされる。
  • しかし、言語仕様の進化は無いと明言され、
    実質的に、メンテナンス・フェーズに突入。

参考

Wikipedia


Tags: :.NET開発, :プログラミング, :Visual Basic, :移行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-04 (月) 10:44:37 (211d)