マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Windows Scripting Host (WSH)

  • Windows 98から搭載された。
  • Windowsにおいてテキストファイルに記述したスクリプトを実行するスクリプト実行環境
  • Unixにおけるシェルスクリプトや、MS-DOSにおけるバッチファイルと似た位置づけの技術。

詳細

  • Active Scripting(Windowsでスクリプトを実行するための基盤)のホストとなっている。
  • 故に、他のスクリプト言語用の動作環境(エンジン)をインストールすることにより、Perlなどでも処理を行える。
  • COMを通じて強力な機能を利用できるため、非常に高度で煩雑な処理を記述できるようになった。

標準言語

VBScript

JScript

実行ファイル

GUI用

wscript.exe

  • エクスプローラで VBScriptファイルをダブルクリックすると、
    既定で wscript.exe (Window用) が使用されます。

CUI用

cscript.exe

  • コマンドプロンプトから
     cscript.exe スクリプトファイル.vbs オプション

の様に実行。

  • cscript.exe 自身へのオプションは // で始まる形式で、
    スクリプトファイル.vbs への引数と並べて書きます。

後継

  • 後継は、PowerShell
  • .NET Framework 2.0でActive Scriptingが非推奨化。
  • 今後、新しい機能が追加される予定は無いとされている。

参考


Tags: :シェル, :インフラストラクチャ, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-15 (日) 16:43:16 (261d)