マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 単にHyper-VでホストされるLinux
    • Hyper-Vは、WSL2専用にカスタマイズされた軽量版を使用。
    • という事で、Home Editionでも利用可能になっている。
    • Linuxカーネルも独自パッチで軽量化を実現している。
  • UI/UXはWSLと同じ(UXを踏襲)
  • ホストと異なるIPアドレスだったが、
    Build 18945で改善されたもよう。
  • DrvFs? → P9の影響はどうなるか?

詳細

インストール

システム要件

  • Windows Insider Preview Build 18917以降が動作している環境であることが必須
  • 「Windows 10 20H1」(バージョン 2004)で正式版がリリースされた。
  • 従来通りWSL1をインストールしてから、PowerShellでWSL2に変換する

WSL1, 2 共存可能?

  • 共存可能とのこと
    • いつでも、WSL2にアップグレード、ダウングレード可能(PowerShellで)。
    • この操作は、ディストリビューション毎に行うことが出来るらしい。
  • エミュレーション環境(互換レイヤ)から仮想環境に変更されたが、
    UXを踏襲(DrvFs? → P9とか)するので、敢えて、WSL1, 2を共存させなくても良さそう。

Docker Desktop for WSL2

  • 色々な記事が出ているが、ザックリ以下のような感じ。
  • 以下のような特徴があり、
    • WindowsのGUI操作性
    • LinuxのCUI活用
    • Linuxコンテナへのデプロイ
  • 端的に言うと、
    • IDEだけWindows側にあって、
  • 開発環境(e.g. LAMPスタックなど)は、WSL2 + Docker側にある。
    • DockerコマンドはLinux側から実行。
    • 後は、リモート・デバック(IDEから?LXCから?)
  • また、リリース直前に、GUIも利用可能になる。というニュース・リリースがあった
    (仕組みは不明だが、恐らくRemoteApp的な方式に成るのではないか?と考えている)。

試用、評価

参考

Publickey

窓の杜

Qiita

@IT

  • Windows 10 The Latest

kledgeb

Microsoft Docs

Docker Desktop for WSL2

Qiita

SIOS Tech. Lab

  • WSL2で劇的に変わるあなたのWebアプリケーション開発環境

Tags: :Windows, :Linux, :Linuxサブシステム, :仮想化


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-12 (金) 10:33:56 (21d)