マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

WSUSについて少々調べたでメモ。

構成

負荷の考慮

帯域制御により負荷を軽減する。

負荷分散により負荷を軽減する。

  • GPOで管理しているなら、複数のWSUSを構築し、
    各WSUSのクライアントをOU階層で分ける等すれば良いと思います。
  • また、NLBを使用して負荷分散する方法もあるようです。

サイジング

サイジングの情報はコチラを参照下さい。

展開規模毎のH/W要件の比較を参照すると、
展開規模が増えるとCPUとNICに効いてくるようです。

オフライン構成

構成は簡単で、
「オンラインWSUS」→(エクスポート)→(運搬)→(インポート)→「オフラインWSUS」
となるようです。

以下、参考情報。

  • インターネットに接続されていないネットワークにWSUSサーバーをセットアップする
    (更新プログラムのインポートとエクスポート)
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc720512.aspx
    • 手順 1: インポートとエクスポート : 詳細なオプションの一致
    • 手順 2: インポートとエクスポート : ファイル システムからの更新プログラムのコピー
    • 手順 3: インポートとエクスポート : データベースからのメタデータのコピー

設定

GPO、若しくはレジストリとなるようです。

WSUS ですがグループポリシーで管理するのが一般的かと思います。
WSUS 2.0 の資料ですが現行の WSUS でもある程度流用できます。

GPO

レジストリ

GPOを使用しなくてもレジストリを変更することで
ワークグループ環境でも WSUS の設定をすることができます。

自動化

WSUSはプッシュ配信はできないらしいので、
WSUSクライアントからプルするしか無いらしい。

Junichi Anno's blog

SCE / WSUS :今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい

microsoft.com


Tags: :インフラストラクチャ, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-15 (火) 09:54:47 (67d)