マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Windows Server のバックアップについて。

詳細

機能概要

2008以降の機能概要についてはこちらが参考になる。

変更点

2003(Ntbackup)からの変更点
※ Ntbackupは、NT 3.51 - XP / Server 2003に同梱される。

  • ボリュームのブロックレベルのバックアップが可能となった。
  • ファイル・レベルのバックアップ機能が復活。
    • ただし、お勧めは、ボリュームバックアップ(速い)。
    • ファイルの種類、パスに基づいた除外機能。
  • バックアップシュケジュールを指定可能
    (週次等の詳細設定はwbaadminTaskScheduler?を使用)
  • バックアップ・ファイルの形式は*.bkfから*.VHDへ。
  • サポートされるメディア
    • Ntbackup
      • テープ、HDD、ネットワーク共有
    • Windows Serverバックアップ
      • HDD、ネットワーク共有、USB、DVD(テープ不可)
        (テープ不可ので、D2D:ディスクtoディスクの後に、D2T:ディスクtoテープ)
  • リストアの簡略化(任意の時点への復元)

CUI

wbaadmin

wbaadmin(Windows Serverバックアップのコマンド ライン版)

  • 詳細なスケジュール指定が必要な場合は、TaskScheduler?と併用

PowerShell

Windows PowerShell コマンドレット

  • 2008R2:Get-Command -Module "Windows.ServerBackup?"
  • 2012:Get-Command -Module "WindowsServerBackup?"

所感

Windows Serverバックアップは、

  • 単純な、
    • ファイル・バックアップ
    • イメージ・バックアップ

だけでなく、

  • VSSバックアップに対応したことで、
    内部が良く見通せなくなってきている
    (また、ドキュメントも十分でない)。
  • また、ICTの多様化・複雑化も重なり、

    特定のアプリケーションのバックアップ用に設計されるということでもあり、
    (例えばHyper-VのホストOSからのゲストOSのVSSバックアップの全体像など、)

複雑で理解し難いものになる。

  • この場合、個別でのバックアップ設計が困難になり、
    バックアップ ソリューションによるワンストップ対応が必要となってくる。

KB

Windwos Serverバックアップが失敗する

VSS System Writerが表示されずバックアップに失敗する

https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2012/06/27/vss-system-writer/

以下のHotfixを適用することで対策可能。

  • Windows Server 2008 R2 / 2012 を実行
    しているコンピューターでシステム状態を
    バックアップすることはできません。
    https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2807849

    .Net Frameworkが実装されている環境において、System Writerは独自のメタデータ情報を準備するために、
    %WinDir?%\Microsoft.Net\Framework 配下のサブフォルダを列挙して処理を進める必要があります。
    このフォルダにあるサブフォルダ数が 1,000 個以上存在する場合、システム実装上の制限により
    System Writer がメタデータ情報を正しく準備できず、その結果、”System Writer” が表示されない現象が発生します。


Tags: :インフラストラクチャ, :Windows, :バックアップ, :障害対応


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-17 (水) 16:03:43 (263d)