マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

系統

ClientとServer

Client

もともとClient OSだったWindows

Server

Windows NTで、Server OSも提供された。

DOS系とNT系

MS-DOS

IBM PCのためにIntelの16ビットプロセッサ8088用に作成された。

  • 8086のセグメント構造を実にうまく利用したOS
  • デバイスドライバをOSから分離
  • FDを対象としたファイルシステムFATのサポート
  • MS-DOSとセットになったIBM PCは、PC市場を大きく拡大

DOS系、9x系

  • DOS系
    • Windows 1.0 - Windows 3.1
    • MS-DOSにGUI環境を追加するアドオン
  • 9x系
    MS-DOSとWindows 3.1を融合し、
    拡張・発展させたWindows 95を基本構造としたOS群

Windows NT系

  • OS/2から手を引き開発を開始した独自OS
  • 設計の要素の多くは
    • DECの開発者の影響があり、
    • VMSの要素が反映されている。

組込系

バージョン

Client OS

Windows 1.0

1985リリース

Windows 2.x

1987リリース

  • サポートの追加
    • 80286のみに対応
    • EMSメモリに対応
    • Windows/386でi386搭載
    • ウィンドウのオーバーラップ(重ね表示)に対応
  • 当時
    • あくまでWindowsはMS-DOSからOS/2への橋渡しであると説明した。
    • Excel 2.0がInfoworld誌で10点中9.4点を獲得するなど非常に好評を得た。

Windows 3.x

1990リリース

  • サポートの追加
  • GUIの大幅な改良
  • マルチタスク化
  • プログラムマネージャー、
    ファイルマネージャーの導入
  • Windows for Workgroupsでは
    LAN Managerでネットワーク機能を付加
  • Intel 80286や80386プロセッサの
    メモリ管理機能を有効活用する技術的な改善
  • 3つの動作モード
    • リアルモード:8086互換モード。
    • スタンダードモード:80286互換の仮想記憶を使うモード。
    • エンハンスドモード:i386の機能を使うモード。
  • Windows 3.xが受け入れられた主な理由
    • 従来のMS-DOS資産がそのまま利用できた
    • 不完全ながらもマルチタスクと仮想記憶が利用できた
    • メモリ不足に悩まされながらもネットワークが利用できた
    • CD-ROMとマルチメディアが利用できた
  • 結果
    • 北米を中心に急速に普及。
    • 1年経たずして100万本の出荷を記録。

Windows NT

1994リリース

  • OS/2から手を引き開発を開始した独自OS
  • DECから引き抜いたデビッド・カトラーが開発リーダー
  • Windows 3.x - 98の間にリリースされた。
  • 業務用であり、Server Editionもリリースされている。
  • Windows NT 3.1
  • ネットワーク機能
    • 標準プロトコルはIPX/SPX(LAN Manager)、
      また、NetBEUI?TCP/IP?をサポート。
    • NTドメインのクライアントとサーバの実装
  • 業務用=クライアントなのかサーバなのかはっきりしない、中途半端な製品。
  • 登場に合わせてWindows発展の礎となった支援プログラムを開始した。
  • 商業的には成功したと言えないが、その後の発展の基盤を提供した。
  • Windows NT 3.5
    • クライアントとサーバが明確に分離
    • プログラムのチューニングによる性能向上
    • ネットワーク機能強化
      • TCP/IPの高速化と利便性の向上
      • NetWare?サポート
  • Windows NT 4.0
    • Windows 95ライクなGUIの採用
    • クライアントと同じ操作体系のサーバOSが、
      実用的なリソースで動作するようになる。
  • 多くのエディションが登場
    • Enterprise Edition
    • Terminal Server
    • Embedded

Windows 95

1995リリース

  • 特徴
    • MS-DOSとWindows 3.1を融合し、拡張・発展
    • マルチメディア系の機能や使いやすさを重視
    • i386の機能をフル活用した完全な32ビットOS
    • ただし、16ビットコードの後方互換性を維持
  • インターネットが一般に広まりはじめた時期に、
    業務用だけでなく、一般家庭にも急速な普及を
    見せた画期的なOS(私も買いました)。

Windows 98

1998リリース

  • OEMでのみ提供されたWindows 95 OSR2の後継
    • マイナーチェンジで安定していた。
    • 新規性は少なかったが、商業的には成功した。
  • Windows 98 SE
    マイナーチェンジ
    • Internet Explorer 5.0を搭載
    • DVD-ROMのサポート
    • USB 1.1対応やIEEE 1394の強化

Windows Me

2000リリース

  • 9x系 : Windows 9x系の最後
  • Windows NT系列に移行するためのツナギとして発売
  • 多機能性が求められた結果、不安定であったと言われている。

Windows 2000

1999-2000リリース

※ 2000と言う名称だが、

  • RTMリリースは1999年、
  • 一般リリースは2000年
  • 電源管理とPnPでクライアントOSとして支持集める。
    • OSから詳細な電源管理ができるようになった。
    • プラグアンドプレイを安定した形で実現。
  • Active Directoryのクライアントとサーバの実装
  • この頃から、PCサーバで基幹系が動くようになってきた。

Windows XP

2001

  • NT系 : XPからクライアントもNT系に一本化。
  • Windows XPのビジュアル スタイル​(Luna)
  • SP
    • SP1、2002年9月19日に公開
    • SP2、2004年9月2日に公開
    • SP3、2008年5月6日公開
  • 販売初速は98未満だったが、後継が不調のためServer OS2003含め長寿だったOSで、
    延長サポート終了時は、移行支援や注意喚起などのニュースが連日リリースされた。

Windows Vista

2006

  • セキュリティの強化
    • UAC
    • Session0分離
    • Windowsファイアウォール標準装備
    • BitLocker?ドライブ暗号化
  • セキュリティ強化も、重く遅いという印象で商業的には振るわず。
  • 一方で、Windows Vistaと同じカーネルを使ったServer OS2008は非常に評判が良い。

Windows 7

2009

  • しかし、コチラは、XP同様に好調となった。
    (四半期中に6000万本以上販売しWindows史上最速の売上を記録)。
  • 後継が不調のためServer OS2008R2含め長寿だったOSで、XP同様
    延長サポート終了時は、移行支援や注意喚起などのニュースが連日リリースされた。

Windows 8

2012

  • Android、iOS対抗で大コケした印象のあるOS
  • タイル表示が不評
    デスクトップなのにスタート画面が全画面でタイル表示される。
  • Windows VistaのWindows Aeroは、
    • Aero Glassが廃止
    • Windows Aeroそのものは仕様が大きく変更され継承。
  • 一方で、同じカーネルを使ったServer OS2012は評判が良い。
  • なお、8.1というバージョンもあるが、コレは、SP1扱い。

Windows 10

2015

  • コンセプト (WaaS)
    Windows as a Service (WaaS)という新コンセプトを導入
  • Windows 7 / 8.1対象の無償アップグレードの初速は好調だった。
  • これにより、コンシューマで導入が進み、その後の企業導入も進んだ。
  • また、
  • 世間一般では(?)
    「音声アシスタント(Cortana)を実装したOS」
    と認識されている模様。

Windows 11

2021年後半予定

  • Windows 10と同様に無償でのアップグレードが可能となる予定
  • 「Microsoft StoreによるWin32、UWP、PWA、およびAndroidアプリの統合」を、
    Windows 10から継続しているWSL2等の技術を使用して実現するものと思われる。
  • NTバージョンは11.0ではなく10.1と予想されている
    (≒ Server OS のサービス チャネルに変更なし?)。

Server OS

Windows NT Server

Windows NTのServer OS

  • 1993 NT3.1
  • 1994 NT3.5
  • 1995 NT3.51
  • 1996 NT4.0

Windows 2000 Server

Windows 2000のServer OS

  • 2000 NT5.0
  • 2001 NT 5.1
    • Windows Advanced Server
    • Windows Datacenter Server

Windows Server 2003

Windows XPのServer OS

  • Windows Server 2003
    • 2003 NT 5.2
    • VSSプロバイダのサポート
    • Windows Server 2003中間モード
    • Feature Pack
      • Active Directory Application Mode
      • Windows Server Update Services(WSUS)
      • Windows Rights Managementサービス
      • Windows SharePoint Services
      • グループポリシー管理コンソール
      • , etc.
  • Windows Server 2003 R2
    2005 NT 5.2

Windows Server 2008

Windows VistaWindows 7のServer OS

  • Windows Server 2008
    2008 NT 6.0
  • Windows Server 2008 R2
    2009 NT 6.0

Windows Server 2012

Windows 8のServer OS

  • Windows Server 2012
    2012 NT 6.2
  • Windows Server 2012 R2
    2013 NT 6.3

Windows Server 10

Windows 10のServer OS

  • 半期チャネル
    • Windows Server, version 1709
      2017 NT 10.0.16299
    • Windows Server, version 1803
      2018 NT 10.0.17134
    • Windows Server, version 1809
      2018 NT 10.0.17763
    • Windows Server, version 1903
      2019 NT 10.0.18362
    • Windows Server, version 1909
      2019 NT 10.0.18363
    • Windows Server, version 2004
      2020 NT 10.0.19041
    • Windows Server, version 20H2
      2020 NT 10.0.19042

サービス オプション

半期

半期チャネル (SAC : Semi-Annual Channel) では

  • 年に2回(3 / 9 月を目途に)、機能更新プログラムがリリースされ、
  • リリース日から 18ヶ月間、品質更新プログラムが毎月提供される。

長期

  • 従来のライフサイクルと同じ10年間のサポート
    • メインストリームサポート=5年
    • 延長サポート=5年
  • 以下のように呼ばれるが、
  • 長期サービス チャネル
    LTSC : Long-Term Servicing Channel
  • 長期サービス ブランチ
    LTSB : Long-Term Servicing Branch

LTSCが旧名称で、現在は、LTSBに統一されている。

参考

マイナビニュース

builder by ZDNet Japan

Wikipedia

DOS系、9x系

Windows NT系

https://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_NT%E7%B3%BB

  • NT 6.0-6.3

Tags: :インフラストラクチャ, :Windows, :IoT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-13 (水) 00:11:47 (12d)