マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Azure の VPN Gatewayを作成して、

構成

を含む。

SKU

https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/vpn-gateway/

仕様

#SKUS2S/VNet間トンネルP2S接続合計スループット ベンチマーク
1VpnGw1最大 30最大 128650 Mbps
2VpnGw2最大 30最大 1281 Gbps
3VpnGw3最大 30最大 1281.25 Gbps
4Basic最大 10最大 128100 Mbps

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/vpn-gateway/vpn-gateway-about-vpngateways

ワークロード

#ワークロードSKU
1運用環境のワークロードVpnGw1、VpnGw2、VpnGw3
2開発テスト環境のワークロードBasic

機能セット

#SKU機能
1Basicルート ベースの VPN10 個のトンネルと P2S、RADIUS 認証なし、IKEv2 なし
ポリシーベース VPN(IKEv1): 1 トンネル。P2S なし
2VpnGw1、VpnGw2、および VpnGw3ルートベース VPN最大 30 トンネル、P2S、BGP、アクティブ/アクティブ、カスタム IPsec/IKE ポリシー、ExpressRoute/VPN 共存

従来の SKU

接続方法

Site-to-Site VPN (S2S)Point-to-Site VPN (P2S)は、
両者の構成要件がすべて両立する場合に、同じ VPN Gatewayを使って組み合わせて使用できる。

Site-to-Site VPN (S2S)

サイト間とマルチサイト (IPsec/IKE VPN トンネル)

概要

参考

Point-to-Site VPN (P2S)

概要

参考

VNet-to-VNet VPN (V2V)

ExpressRoute

事業拠点と Microsoft Azure(パブリッククラウド)の環境を、
ダイレクトにインターネットを介さず接続(プライベート接続)。

構成手順

P2S(SSTP

P2S (IKEv2)

S2S

課金

参考


Tags: :インフラストラクチャ, :クラウド, :Azure, :通信技術


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS