マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

方式

Drawbridge

「ライブラリOS」・「ピコプロセス」というテクノロジを土台にしている。

Picoプロバイダードライバー

ディストリビューション

厳密には以下のLinuxディストリビューションの上で動作可能なツール

メジャー

マイナー

詳細

インストール / アンインストール

Creators Update(V.1703)以前

WSLがβ版だった頃。

Fall Creators Update(V.1709)以降

Microsoft Store

Creators Update以降は、Microsoft Storeからインストール

ディストリビューション変更

Windows Server

サーバにもインストール可能

利用方法

基本的な利用方法

WSL上での.NET Core開発

相互運用

WSLでのWindowsとLinuxの相互運用

WindowsとWSL間の接続

Dockerとの関係

WSL(1)

WSL2

その他

I/Oが遅いらしい

Linuxと違いWindowsはファイルシステムへのアクセスが必須で、
大量のフィルター(ドライバ)が登録されているため遅いらしい。

参考

WSL → WSL2

その他

Publickey

Build Insider

@IT

Qiita

kledgeb

Microsoft Docs


Tags: :Windows, :Linux, :Linuxサブシステム, :仮想化


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS