Open棟梁Project - マイクロソフト系技術情報 Wiki

* 目次 [#mb6957e2]
#contents

*概要 [#t8e8dde4]
MS-DTCは、1996年に初めて登場したMicrosoft Transaction Serverテクノロジ(以下、MTSと略す)と、その後継であるWindows DNA の中核コンポーネント、COM+ やASP 上から利用することで、2相コミットを実現することができる。また、MS-DTCは、SQL Serverで言う、リンクのサーバ(分散クエリ) などでも使用されている。

*Windows DNA [#z4b553a3]
1997年に提唱されたアーキテクチャで、COM+をベースにした分散オブジェクト環境とHTMLをベースにしたWWW環境の統合を図ることを目的としている。Windows 2000で実現された。

*MTS、COM+ [#s0de8b1a]
下記のマイクロソフト独自技術とTPモニタ・リソース マネージャ機能を兼ね備えたAPサーバ コンポーネントである。

-[[COM]](Component Object Model):~
ソフトウェアの再利用を目的としたモジュールのコンポーネント化の技術
-[[DCOM]](Distributed Component Object Model):~
ネットワーク上に分散するコンポーネント間通信の技術(COM+から導入)。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS