目次

基本情報

データプロバイダ

ADO.NETのデータプロバイダでは以下の機能がサポートされていないケースがある。
#JDBCなどのデータプロバイダには標準で実装されている機能

Oracle、HiRDBのデータプロバイダについてはサポートされているものもある。

このため、

SQL CLR

.NETではSQL CLRと言う機構も用意されているが、

ため、あまり魅力的なものでは無い。

また、同様にサポートされているデータプロバイダが限られる。

検証結果

処理方式

検証結果

検証環境

結論

.NET+データプロバイダ

.NETプログラムでも、大量データを処理可能
(ただし、ネットワーク経由はオーバーヘッドが大きいので注意)。

SQL CLR

SQL CLRの採用も考えられるが、

採用例が少ないので、基本的には、

が良いと考える(処理方式統一の標準化の意味も含めて)。

SQL CLRについては、

文字列処理等にアドバンテージがあると言われているが、
カーソル操作をサポートしていない点が大きな欠点となっている。

Transact-SQLでは困難だった複雑な計算処理や文字列操作などでは大きく力を発揮します。
そこで、今回は.NET Frameworkで提供される正規表現ライブラリの利用を確認してみましょう。

正規表現とは文字列のパターンを表現する表記法です。
文字列の検索や置換といったシーンで利用されています。
ここでは正規表現による入力値チェックをSQL CLRで実装します。

参考情報

SQL CLR

  1. 従来のSQLプログラミングについて
  2. SQLプログラミングを革新するSQL CLRとは?
  3. SQL CLRの特長とストアド・プロシージャとの使い分け
    • [特集]SQL Server 2005の新機能「SQL CLR」(後編)
      • Visual Studio 2005でSQL CLRを実装してみる
  4. SQL CLRプログラミングの種類
  5. SQL CLRでHello World!を作成してみる
  6. Visual StudioによるSQL CLRの開発
  7. SQL CLRプログラムの実行

他言語との比較

実績の多い言語

Javaとの比較

以下が参考になります。

Javaや.NETでの実績は上記に比べると多くは無いと思いますが、
最近は、Spring BatchなどのBatch Frameworkの登場で、
Javaでもバッチが書かれることが増えてきてています。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS