「[[マイクロソフト系技術情報 Wiki>http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>データプロバイダ]]

* 目次 [#c06317bb]
#contents

*概要 [#m1dd588d]
以下、ADO.NET以外のデータプロバイダの種類を列挙する。

*その他 [#q9afddff]
接続型データアクセスをサポートする、ADO.NETの前任のデータプロバイダ。

-[[COM]]ベースの DBMS 接続用 API 。~
VB6、VBA、VBScriptなどからデータアクセスする場合に使用できる。

-ADO.NETと異なり、プロバイダー・ドライバは接続文字列を使用して切り替え可能。

-サンプルなどはインターネット上から検索できる。

**DAO [#e948d3e2]
主に Jet接続に用いられるが、ODBC接続も可能。

**RDO [#rf9d78c2]
ODBC データベース専用として設計されている。

**ADO [#v54e423d]
RDOやDAOの後継

-接続型データアクセスが既定と考えられているAPI設計だが、~
取得したレコードセットをCloseすれは非接続型データアクセスが可能。

-[FILE] ODBC、OLEDB、ADO、RDS での接続文字列の~
使用方法を説明するための MDACCON.EXE ファイル~
https://support.microsoft.com/kb/193332/JA?wa=wsignin1.0

-ADO超入門 - Access VBA Tips~
http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00301.shtml

***参考 [#q563bc7b]

-ADO Version 2.6~
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc407851.aspx

-ActiveX Data Objects - Wikipedia~
http://ja.wikipedia.org/wiki/ActiveX_Data_Objects

**OO4O [#l58e3f7d]
Oracle社のリリースしたカスタムのデータプロバイダ。~
#OO4Oは、Oracle Objects for OLEの略称

***[[64bit対応]] [#n2da6478]
OO4Oは[[64bit対応]]がされていない。~

-詳しくは、[[コチラ>WOW64#v281156a]]を参照して下さい。

***サポート(discon) [#obe75222]
Oracle11g(11.2)が、OO4Oをサポートする最後のバージョン。

従って、今後、新規のOO4O採用は推奨されない~
(VB6、VBA、VBScript等からはADOを使用する)。

-Oracle Objects for OLEの紹介~
http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/win.112/b58887/intro.htm
>Oracle Database 11gリリース2(11.2)は、Oracle Objects for OLEをサポートする最後のデータベース・バージョンです。

-ODACのリリース情報(対応状況)
--Oracle Data Access Components (ODAC) for Windows Downloads~
32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio~
http://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/utilsoft-086879.html
---ODAC 12c Release 3 (12.1.0.2.1) Installation Instructions, Setup, and Notes~
http://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/downloads/install121021-2389380.html
---ODAC 11.2.0.3.0 Installation Instructions, Setup, and Notes~
http://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/downloads/install112030-1440546.html

***移行 [#w54c280e]
-OO4OからADO(ADO.NET)への移行は~
オブジェクトモデル、APIが異なるため困難。

-OraDynasetを使用した接続型データアクセスが中心。~
非接続型のADO.NETへの移行には書換が必要になる。

従って、コンバージョンではなく再構築になる。

***参考 [#rb67e981]

-Oracle Objects for OLEの紹介~
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/win.112/b58887/intro.htm

-OTN Japan - 意外と簡単! .NETでOracle:oo4oからODP.NET移行編~
http://otndnld.oracle.co.jp/easy/dotnet/oo4otoodp

**VC++から [#va05c737]
-Visual C++ でのデータ アクセス~
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/7wtdsdkh.aspx

以下の様な感じでしょうか。

***COM [#ab7a0e2e]

-ODBC
--afxdb.h(MFC)
--Provider

-DAO(DAO.DBEngine)
--Jet
--ODBC

-RDO(RDO.)
--ODBC専用

-OLEDB
--atldbcli.h(ATL)
--Provider
---Microsoft OLE DB Provider for ODBC
---Microsoft OLE DB Provider for Microsoft Jet
---Microsoft Office 12.0 Access Database Engine OLE DB Provider
---, etc.

-ADO(ADODB.)
--OLEDB

***C++/CLI [#cc66b524]
ADO.NETデータプロバイダ

**参考 [#e284c9cd]

-CX's Hello, World!
--ODBC~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/odbc/
--DAO~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/dao/
--OLE DB~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/ole-db/

--ADO~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/ado/
--ACE Database~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/ace-database/
--oo4o~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/oo4o/

--ADO.NET~
http://cx20.main.jp/blog/hello/category/ado-net/

-Microsoft Data Access Components - Wikipedia, the free encyclopedia~
https://en.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Data_Access_Components

-MDAC/Windows DAC を使用するアプリケーションの開発/動作環境~
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/data/gg607260.aspx

-ADO 時代の非接続型データアクセス~
とあるコンサルタントのつぶやき - Site Home - MSDN Blogs~
http://blogs.msdn.com/b/nakama/archive/2008/10/16/ado.aspx

*参考 [#q6469c0a]

**構築 [#df86df3f]

***[[Oracle11gXE + ODP.NET Managed Driver]] [#o71d2824]

***[[PostgreSQL + NpgSql]] [#l909e990]

**GPLについて。 [#ub9933b4]

***GNU General Public License [#p16f3ba4]
-GNU General Public License - Wikipedia~
https://ja.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License

-GNUプロジェクト - フリーソフトウェアファウンデーション
--GNU一般公衆ライセンス v3.0~
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html
--GNU一般公衆ライセンス v2.0~
http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-2.0.html
--GNU一般公衆ライセンス v1.0~
http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-1.0.html

***ケース [#e975c8e3]
-オープンソースとGPL,ASP 著作権契約書の駒沢公園行政書士事務所~
http://ootsuka-houmu.com/service/gpl.html~
>ASPとGPL:SPサービスが配布にあたらないことが明らかとなりました(GPLv3)。

-GPLにおいて納品は頒布ではない? - uehaj's blog~
http://uehaj.hatenablog.com/entry/20100710/1278772393~
>IPAからダウンロードできる「GNU GPLv3 逐条解説書」には
--GPLv2では、納品は頒布に相当しないとの解釈がFAQで公開されている。
--GPLv3では、納品はコンベイ*1にあたるものの、GPLv3の条件は課されない。

**コネクション・プーリング [#i9f3d759]
コネクション・プーリング(接続プール)は、
-接続を再利用することで性能向上を図る仕組み。
-この機能は、ADO.NETデータプロバイダが提供する。
-通常、既定で有効になっている。接続文字列などでconfigする。
-[[ベース クライアント セキュリティ モデルでは利用不可>リソース アクセス ストラテジ#xbea5cc0]]。

-参考

--[[SQL Server のコネクションとセッション]]

--接続プール~
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb399543.aspx
--ADO.NET入門記-004 - いろいろ備忘録日記~
(コネクションプーリングをする場合としない場合の速度差)~
http://devlights.hatenablog.com/entry/20070812/p4
--門外不出のOracle現場ワザ 第5章~
DBアクセスの空白地帯 コネクションプーリングを極める~
http://www.oracle.com/technetwork/jp/articles/chapter5-2-085301-ja.html

----
Tags: [[:データアクセス]], [[:ADO.NET]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS