マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

以下、ADO.NET以外のデータプロバイダの種類を列挙する。

接続型データアクセスをサポートする、ADO.NETの前任のデータプロバイダ。

詳細

COM系

DAO

主に Jet接続に用いられるが、ODBC接続も可能。

RDO

ODBC データベース専用として設計されている。

ADO

RDODAOの後継

OO4O

Oracle社のリリースしたカスタムのデータプロバイダ。
#OO4Oは、Oracle Objects for OLEの略称

64bit対応

OO4Oは64bit対応がされていない。

サポート(discon)

Oracle11g(11.2)が、OO4Oをサポートする最後のバージョン。

従って、今後、新規のOO4O採用は推奨されない
(VB6、VBA、VBScript等からはADOを使用する)。

移行

従って、コンバージョンではなく再構築になる。

参考

その他

MDAC / WDAC系

概要

参考

SNAC / SQLNCLI

推奨・非推奨

SQL Server 2016以降は、SQL Server Native Client (SNAC / SQLNCLI ) は非推奨

サポート(対象と期間)

サポート(対象と期間)に関しては以下参照。

ODBC / OLE DB

SNAC / SQLNCLI の代替として、ODBC / OLE DBドライバの単品利用ができる。

VB6、VBAから使う

下記のCOM系を利用できる。

VC++から使う

以下の様な感じでしょうか。

COM

C++/CLI

ADO.NETデータプロバイダを使用可能。

参考

ADO.NETデータプロバイダ

CX's Hello, World!


Tags: :データアクセス


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS