[[Open棟梁Project>http://opentouryo.osscons.jp/]] - [[マイクロソフト系技術情報 Wiki>http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/]]

-[[戻る>ASP.NET Identity]]

* 目次 [#i42bb417]
#contents

*概要 [#x3f02a0a]
[[ASP.NET Identity]]は、以下の[[クレームベース認証]]のセキュアトークンサービス(STS)のEndpoint追加をサポートしている。

**プロトコル [#z3d3c75d]

***[[OAuth]] 2.0 [#w9606fd6]
-OAuthAuthorizationServerProviderでは、[[OAuth]]のセキュアトークンサービス(STS)のEndpoint追加をサポートしており、~
これにより、Java、JavaScript、Perl、PHP、Python、Rubyなどの「非 .NET 環境」と認証処理を連携させることもできる。

-なお、[[OAuth]] 2.0は認可のプロトコルなので、認証の目的で使用する場合は[[セキュリティ>#c75e8910]]に注意が必要になる。

***[[OpenID Connect]] [#cd0c97cc]
[[OpenID Connect]]のセキュアトークンサービス(STS)のEndpoint追加は、現時点(2016年)では提供されていない。

-https://github.com/jchannon/katanaproject/tree/master/src/Microsoft.Owin.Security.OpenIdConnect
-https://github.com/jchannon/katanaproject/tree/master/src/Microsoft.Owin.Security.OAuth

**認証・認可サーバ [#h7b76293]

***準備 [#d240d6f2]
+Visual Studio 2015 で、新規 ASP.NET Web アプリケーションを作成する。
+「新しい ASP.NET プロジェクト」ダイアログで、以下を選択する。
--テンプレート: [[ASP.NET MVC]]
--認証の変更: 個別のユーザー アカウント
+Visual Studio の「パッケージ マネージャー コンソール」で、以下のコマンドを実行する。
 Install-Package Microsoft.AspNet.WebApi
 Install-Package Microsoft.AspNet.WebApi.Owin
 Install-Package Microsoft.AspNet.WebApi.Cors

***構成 [#x822a240]
-[[ASP.NET MVC]]アプリケーションとして作成する。
-[[ASP.NET Identity]]を用いて、各 Web アプリのアカウント管理を行う。
-ユーザー情報へアクセスする処理は、カスタムのUserStoreクラスへ実装する。
-UserStoreクラスは、データベース(SQL Server, PostgreSQL, etc.)にユーザー情報を格納する。

**クライアント・アプリ開発 [#o40edf90]

***[[cURLコマンド]] [#nd05e06c]
-HTTPClientなどからTokenエンドポイントにアクセスして連携するシナリオ。
-グラント種別
--「[[Resource Owner Password Credentialsグラント種別>#ka3a0c97]]」
--「[[Client Credentialsグラント種別>#h00dd765]]」

***Webアプリケーション [#o67fc248]
-「[[Authorization Codeグラント種別>#v9f92532]]」のシナリオを検証する。
-Webアプリケーションで、WebAPI(OAuthリソース)へのアクセスを認可。
-ここでは、クライアント・アプリを認証・認可サーバに同梱させてしまう。

***JavaScript [#o67fc248]
-「[[Implicitグラント種別>#kb8fee48]]」のシナリオを検証する。
-SPA(Browser+WebAPI)で、WebAPI(OAuthリソース)へのアクセスを認可。
-ここでは、クライアント・アプリを認証・認可サーバに同梱させてしまう。

* Tokenエンドポイントの検証手順 [#zd7b2804]
-以下のシナリオの検証を行うことができる。
--「[[Resource Owner Password Credentialsグラント種別>#ka3a0c97]]」
--「[[Client Credentialsグラント種別>#h00dd765]]」

-以下を参考にして検証手順を作成した。
--[[OWIN OAuth 2.0 Authorization Server | The ASP.NET Site>#e91aecfc]]

**エンドポイント一覧 [#xe03ec6c]

**認証・認可サーバ開発 [#e784dfce]
コードの提示はGithub登録まで待ってください。

**クライアント・アプリ開発 [#vdcf702a]
ここの検証では、[[cURLコマンド]]を使用するため開発不要。

**認証連携の動作検証 [#jcf369d6]
[[cURLコマンド]]を使用して認証連携の動作を検証する。

***[[Resource Owner Password Credentialsグラント種別>OAuth#i2483bc0]] [#ka3a0c97]
-処理の概要
--Tokenエンドポイントに対して以下のRequestを出すと、Bearer Tokenが返ってくる。
---POST
---Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;
---body:grant_type=password, username=ユーザ名, password=パスワード

--Bearer Tokenをヘッダに指定してResources用のEndpointにアクセスするとResources情報を取得できる。
---GET
---Authorization: Bearer XXXXXXXXXX
---Content-Type: application/json; charset=utf-8;

-[[cURLコマンド]]~
Debug ProxyにFiddler等を使用すると尚良~
(其の際は、 --proxy オプションを指定する必要がある)。
--Bearer Tokenの取得
---Request (cURLコマンド)
 >curl "http://localhost/OAuthBearerToken" -H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;" -d "grant_type=password" -d "username=XXXXX" -d "password=YYYYY"
---Response (Body)
 {"access_token":"XXXXXXXXXX","token_type":"bearer","expires_in":nnnnn}

--Bearer Tokenを使用したOAuthリソースへのアクセス
---Request (cURLコマンド)
 >curl "http://localhost/api/OAuthResourceApi/GetClaim" -H "Authorization: Bearer XXXXXXXXXX" -H "Content-Type: application/json; charset=utf-8;"
---Response (Body)
 {"id":"XXXXX","userName":"XXXXX","email":"XXXXX","phoneNumber":"XXXXX"}

***[[Client Credentialsグラント種別>OAuth#ka6e3a8f]] [#h00dd765]
-処理の概要
--Tokenエンドポイントに対して以下のRequestを出すと、Bearer Tokenが返ってくる。
---POST
---Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;
---body:grant_type=client_credentials, client_id=XXXXXX, client_secret=YYYYYY

--Bearer Tokenをヘッダに指定してResources用のEndpointにアクセスするとResources情報を取得できる。
---GET
---Authorization: Bearer XXXXXXXXXX
---Content-Type: application/json; charset=utf-8;

-[[cURLコマンド]]~
Debug ProxyにFiddler等を使用すると尚良~
(其の際は、 --proxy オプションを指定する必要がある)。
--Bearer Tokenの取得
---Request (cURLコマンド)
 >curl "http://localhost/OAuthBearerToken" -H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded;" -d "grant_type=client_credentials" -d "client_id=XXXXXX" -d "client_secret=YYYYYY"

---Response (Body)
 {"access_token":"XXXXXXXXXX","token_type":"bearer","expires_in":nnnnn}

--Bearer Tokenを使用したOAuthリソースへのアクセス
---Request (cURLコマンド)
 >curl "http://localhost/api/OAuthResourceApi/GetClaim" -H "Authorization: Bearer XXXXXXXXXX" -H "Content-Type: application/json; charset=utf-8;"
---Response (Body)
 {"id":"XXXXX","userName":"XXXXX","email":"XXXXX","phoneNumber":"XXXXX"}

* 認可エンドポイントの検証手順 [#ua532943]
-以下のシナリオの検証を行うことができる。
--「[[Authorization Codeグラント種別>#v9f92532]]」
--「[[Implicitグラント種別>#kb8fee48]]」

-以下を参考にして検証手順を作成した。
--[[OWIN OAuth 2.0 Authorization Server | The ASP.NET Site>#e91aecfc]]
--[[その他 - Implicitグラント種別>#j1c1a778]]
--ASP.NET Identityのプロジェクト・テンプレートを使用
>
+[[ASP.NET SPA]]テンプレートの動作確認を行なった後、
+[[ASP.NET MVC]]テンプレートの差分を確認した上で、
+[[OAuth]]に必要な実装を抽出し、
+[[ASP.NET MVC]]テンプレートに[[OAuth]]のEndpointを追加する手順を書き出し、
+その手順の妥当性を以下の検証手順によって検証した。

**エンドポイント一覧 [#d1cbf5ad]

**認証・認可サーバ開発 [#c21960e5]
コードの提示はGithub登録まで待ってください。

**クライアント・アプリ [#we1f472c]
コードの提示はGithub登録まで待ってください。

***Webアプリケーション [#jfc73185]

***JavaScript [#b1043060]

**認証連携の動作検証 [#a85aac65]

***[[Authorization Codeグラント種別>OAuth#y8bf613e]] [#v9f92532]
-client_id
--引継:OK
--検証:OK

-redirect_uri
--引継:OK
--検証:OK

-scope
--引継:OK
--検証:自前

-state
--引継:OK
--検証:自前

***[[Implicitグラント種別>OAuth#h347a7c6]] [#kb8fee48]

*その他 [#g4d5acce]
**ASP.NET IdentityでRFCに追加されている仕様 [#z90cfe4c]
-「MUST (しなければならない)」
-「MUST NOT (してはならない)」
-「REQUIRED (必須である)」

以外の部分で、強制されている実装を朱書きに設定した。

***[[Authorization Codeグラント種別>OAuth#y8bf613e]] [#a0c59c8d]
-client_id
--引継:OK
--検証:
---クライアント認証は自前
---&color(red){Endpoint間の一致は自動検証};

-redirect_uri
--引継:OK
--検証:
---client_idとの部分一致などは自前
---Endpoint間の一致は自動検証

-scope
--引継:OK
--検証:自前

-state
--引継:OK
--検証:自前

***[[Implicitグラント種別>OAuth#h347a7c6]] [#r8ad5c39]

**Bearer Tokenを暗号化・復号化する秘密鍵 [#xcd8dac1]
-認可サーバ(AuthorizationServer)とリソースサーバ(ResourceServer)が同じマシン上に無い場合、~
Bearer Tokenを暗号化・復号化する秘密鍵を双方のマシン間で一致させる必要がある。

-これには、以下のように、machinekeyを両方のweb.configファイルに追加する必要がある。
 <system.web>
     <machineKey decryptionKey="Enter decryption Key here" 
         validation="SHA1" 
         validationKey="Enter validation Key here" />
 </system.web>

-machineKeyセクションの生成には、以下のツールが使えそう。
--garafu/MachineKeyGenerator:~
https://github.com/garafu/MachineKeyGenerator
>This tool allows you to generate random keys for validation and encryption/decription of the view state.

*参考 [#k32a6edf]
-OAuthAuthorizationServerProvider クラス (Microsoft.Owin.Security.OAuth)~
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/microsoft.owin.security.oauth.oauthauthorizationserverprovider.aspx

**The ASP.NET Site [#e91aecfc]
-OWIN OAuth 2.0 Authorization Server~
https://www.asp.net/aspnet/overview/owin-and-katana/owin-oauth-20-authorization-server

このコンテンツは以下の様な構成になっている。

***Create an Authorization Server [#ub84ef28]
-このAuthorization ServerはOAuthの4つのフローをサポートしている。
--Authorization Code Grant Client
--Implicit Grant Client
--Resource Owner Password Credentials Grant Client
--Client Credentials Grant Client

-サーバーの設定と実装
--OWIN Startup classでの設定

--OAuthAuthorizationServerProviderの実装

---ValidateClientRedirectUri~
(Authorization Code, Implicitグラント種別)
---ValidateClientAuthentication~
(Resource Owner Password Credentials, Client Credentialsグラント種別)
---GrantResourceOwnerCredentials~
(Resource Owner Password Credentialsグラント種別)
---GrantClientCredetails~
(Client Credentialsグラント種別)

--AuthorizeEndpointの実装~
(Authorization Code, Implicitグラント種別)

***Creating a Resource Server [#ld778043]
アクセストークンによって保護されたResource ServerのEndpointを作成。

***Create OAuth 2.0 Clients [#y247ad21]
.NETクライアント・アプリからHTTPアクセスする際のライブラリとしては、[[DotNetOpenAuth.OAuth2>https://www.nuget.org/packages/DotNetOpenAuth.OAuth2.Client]]を使用している。

-Authorization Code Grant Client~
WebApplicationとして実装。

-Implicit Grant Client~
JavaScriptで実装。

-Resource Owner Password Credentials Grant Client~
コンソール・アプリケーションで実装。

-Client Credentials Grant Client~
コンソール・アプリケーションで実装。

***関連する情報 [#tc543bde]
-The ASP.NET Forums
--OWIN and Authorization Code Grant Flow - Always Bad Request (Invalid Grant)~
https://forums.asp.net/t/1975505.aspx?OWIN+and+Authorization+Code+Grant+Flow+Always+Bad+Request+Invalid+Grant+

-Stack Overflow
--MVC 5 application - implement OAuth Authorization code flow~
http://stackoverflow.com/questions/25845420/mvc-5-application-implement-oauth-authorization-code-flow
--asp.net - Authorization_code grant flow on Owin.Security.OAuth: returns invalid_grant~
http://stackoverflow.com/questions/24515211/authorization-code-grant-flow-on-owin-security-oauth-returns-invalid-grant

-その他
--AuthServerTests.cs | Source Browser~
http://sourcebrowser.io/Browse/jchannon/katanaproject/tests/FunctionalTests/Facts/Security/AuthServer/AuthServerTests.cs#207

**その他 [#ad1e79f3]
実装方法について参照したページ。

***[[Implicitグラント種別>#kb8fee48]] [#j1c1a778]
-ASP.NET WebAPI2でAjaxでOAuth認証するよ(ついでにTypeScriptとReact) - かずきのBlog@hatena~
http://blog.okazuki.jp/entry/2016/01/15/215901
-asp.net - How do you consume extra parameters~
in OAuth2 Token request within .net WebApi2 application - Stack Overflow~
http://stackoverflow.com/questions/21243996/how-do-you-consume-extra-parameters-in-oauth2-token-request-within-net-webapi2
-c# - Can't get UserManager from OwinContext in apicontroller - Stack Overflow~
http://stackoverflow.com/questions/24001245/cant-get-usermanager-from-owincontext-in-apicontroller
-Simple OAuth Server: Implementing a Simple OAuth Server~
with Katana OAuth Authorization Server Components (Part 1) - Tugberk Ugurlu's Blog~
http://www.tugberkugurlu.com/archive/simple-oauth-server-implementing-a-simple-oauth-server-with-katana-oauth-authorization-server-components-part-1

***Tsmatz [#i87cb2b3]
-ASP.NET SPA (JavaScript) の Web API 認証 (ASP.NET Identity) – Tsmatz~
https://blogs.msdn.microsoft.com/tsmatsuz/2014/05/20/asp-net-spa-javascript-web-api-asp-net-identity-html5biz/

**[[OAuth2.0のセキュリティについて。>OAuth#v33a7e19]] [#c75e8910]

----
Tags: [[:ASP.NET]], [[:ASP.NET MVC]], [[:ASP.NET SPA]], [[[[ASP.NET Web API]]]], [[:ASP.NET Identity]]

Special thanks go to mg-san for his support.

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS