Open棟梁Project - マイクロソフト系技術情報 Wiki

目次

概要

JIS2004(JIS X 0213:2004)

問題

※ エンコードしないで入出力する場合は、連携先で問題点1、2を解決すれば良い。
JIS2004導入に於ける特段新しい注意点(観点)は問題点3の一点だけである。

拡張文字セットの追加

JIS2004拡張文字のセットが907文字(うち304文字がサロゲート ペア文字)、追加された。
Vista/2008以外の現行OSはJIS2004の拡張文字セットに未対応(拡張文字セットは、現状、Vista/2008の機種依存文字となっている)。

[参考]:マイクロソフト サポート オンライン > Windows Vista で拡張された文字について
http://support.microsoft.com/kb/927488/ja

標準フォント デザインの変更

字形変更文字(標準フォントデザインが変更)が168字。

エンコーディングの問題

エンコーディング処理に問題がある可能性がある。

対応方法

JIS2004に対応させる

日本語フォントのインストール

Windows XP / Windows Server 2003(以下、XP/2003と略す)でも、
パッチさえ当てれば、JIS2004に対応した日本語フォントを利用可能になる。

フォントをインストールしたら、フォントを使用できるアプリケーションで確認する。
(フォントを使用のに設定が必要なアプリケーションもあるし、フォントを使用できないアプリケーションもある)

IMEのインストール

JIS90の設定に戻す

サロゲート ペア文字、結合文字

追加されたJIS2004拡張文字のセット、 907文字のうち304文字がサロゲート ペア文字である。

UTF-8、UTF-16で表現可能な

で表現される。

APIやDBMSの使い方によって、

動作が変わる。

以下に一例を示す。

※サロゲート ペア文字のことを、サロゲートコード、補助文字とも呼ぶ。
※結合文字のことを、結合済み文字、合成文字、合成済み文字とも呼ぶ。
※Shift-JIS、EUC-JP、Big5などではサロゲート ペア文字、結合文字を表現できない

参考


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS