Open棟梁Project - マイクロソフト系技術情報 Wiki

目次

概要

JIS2004(JIS X 0213:2004)

問題

※ エンコードしないで入出力する場合は、連携先で問題点1、2を解決すれば良い。
JIS2004導入に於ける特段新しい注意点(観点)は問題点3の一点だけである。

拡張文字セットの追加

JIS2004拡張文字のセットが907文字(うち304文字がサロゲート ペア文字)、追加された。
Vista/2008以外の現行OSはJIS2004の拡張文字セットに未対応(拡張文字セットは、現状、Vista/2008の機種依存文字となっている)。

[参考]:マイクロソフト サポート オンライン > Windows Vista で拡張された文字について
http://support.microsoft.com/kb/927488/ja

標準フォント デザインの変更

字形変更文字(標準フォントデザインが変更)が168字。

エンコーディングの問題

エンコーディング処理に問題がある可能性がある。

対応方法

JIS2004に対応させる

JIS2004 対応の日本語フォントのインストール

Windows XP / Windows Server 2003(以下、XP/2003と略す)でも、
パッチさえ当てれば、JIS2004に対応した日本語フォントを利用可能になる。

フォントをインストールしたら、フォントを使用できるアプリケーションで確認する。
(フォントを使用のに設定が必要なアプリケーションもあるし、フォントを使用できないアプリケーションもある)

JIS2004 対応のIMEのインストール

JIS90の設定に戻す

日本語フォントをJIS90 対応のフォントに変更

Vista/2008で2000/XP互換フォントを利用する場合、2000/XPと同じデザインのJIS90互換MSゴシック・明朝フォントがダウンロード提供されているのでこれをインストールする。

[参考]:Windowsホーム > 製品情報 > Windows Vista
JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」について
Vista / 2008向けJIS90互換MSゴシック・明朝フォントパッケージについて
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/jp_font/jis90/default.mspx

Vista/2008でJIS90互換MSゴシック・明朝フォントをインストールする前、インストールした後で、「鰯」などの文字のフォント デザインが以下のように変更される。

日本語フォントをJIS90 対応のフォントに変更

Vista/2008のIMEをJIS90に設定

Vista/2008のIME設定を変更することでJIS2004の拡張文字セットの入力を禁止することができる。

Vista/2008向け JIS90 互換 MS ゴシック・明朝フォントパッケージのインストール後、日本語入力IMEでの変換対象を「JIS90」に限定する設定をすることで、拡張文字セット入力を不可能にすることができる。

言語バーにある、プロパティから、[Microsoft IMEのプロパティ]ダイアログを起動、[変換]タブの[変換文字制限]ボタンを押下し、[Microsoft IME 変換文字制限]ダイアログで[JISX0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する]チェック ボタンをオンにして、[OK]ボタンを2回押下して元に戻る。

日本語フォントをJIS90 対応のフォントに変更(Vista/2008)

上記のJIS2004の拡張文字セット入力を不可能にする設定を”する前”と、”した後”の比較を以下に示す。確かに、JIS2004の拡張文字セットを入力できなくなっている。

JIS90に対応した[[IME]]設定に変更した結果(Vista/2008)

[参考]:マイクロソフト サポート オンライン > Vista/2008でIMEの変換候補に表示する文字を制限する方法
http://support.microsoft.com/kb/934715/ja

JIS90 対応のIMEのインストール

また、XP/2003でOffice2007(に同梱されるIME2007)をインストールして、JIS2004の拡張文字セットの文字入力が可能にした場合も、IME設定を変更することでJIS2004の拡張文字セットの入力を禁止することができる。

言語バーにある、プロパティから、[Microsoft Office IME 2007のプロパティ]ダイアログを起動、[変換]タブの[詳細設定]ボタンを押下し、[変換]ダイアログで[JISX0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する]オプション ボタンをオンにして、[OK]ボタンを2回押下して元に戻る。

日本語フォントをJIS90 対応のフォントに変更(XP/2003)

上記のJIS2004の拡張文字セット入力を不可能にする設定をする前と、した後の比較を以下に示す。確かに、JIS2004の拡張文字セットを入力できなくなっている。

JIS90に対応したIME設定に変更した結果(XP/2003)

サロゲート ペア文字、結合文字

サロゲート ペア文字

追加されたJIS2004拡張文字のセット、907文字のうち304文字がサロゲート ペア文字である。サロゲート ペア文字のことを、サロゲートコード、補助文字とも呼ぶ。

サロゲート ペア文字は4バイトで表現される。

結合文字

結合文字のことを、結合済み文字、合成文字、合成済み文字とも呼ぶ。

結合文字は4バイト以上で表現される。

動作の違い

APIやDBMSの使い方によって、

動作が変わる。

以下に一例を示す。

.NET FrameworkのAPI

SQL Serverの照合順序

Oracleの部分検索

参考


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS