「[[マイクロソフト系技術情報 Wiki>http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>SQL Server]]

* 目次 [#rba1dafb]
#contents

*概要 [#m05659b3]
SQL Server Analysis Services(SSAS:分析サービス)は、~
SQL Server の標準機能として搭載されている、"データ分析" のための~
サーバ機能(自習書シリーズ「Analysis Services 多次元モデル入門」より引用)

-AD(Active Directory)のユーザセキュリティを前提とするので、AD環境が必須

-下記ビジネス インテリジェンス(BI)アプリケーション用の機能が用意されている。

--[[オンライン分析処理 (OLAP) 機能>https://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp/index.php?%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%20%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%EF%BC%88BI%EF%BC%89#fd192c94]]~

--[[データ マイニング機能>https://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp/index.php?%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%20%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%EF%BC%88BI%EF%BC%89#e629d176]]

-Excelのピボットテーブルのデータソースとして利用でき、
--リボンの「ピボットテーブルツール」、「フィールドリスト」で~
ドラッグ&ドロップの操作だけで自由に分析軸を入れ替えたり、
--ドリルダウン(詳細を表示)をしたり、指定した値でフィルターしたり、
-[[Excelのピボットテーブル>Excel ピボット・テーブル、ピボット・グラフ]]のデータソースとして利用できる。

>などなど、高度なデータ分析を行うことができる

-Oracle や DB2 など、ほかのデータベース製品のデータをもとに OLAP キューブを作成することもできる
--Oracleに直接接続するのではなくSQL Serverでリンク サーバーにするケースもある
---参考:[[SQL Server で Oracle へのリンク サーバーのセットアップおよびトラブルシューティングを行う方法>https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/280106]](2011年頃)

*詳細 [#ccb48b71]

**OLAP機能 [#r13277c6]
-以下の3つのモード用意している 
-インストール時のオプションで設定し、変更はできない。

***多次元 OLAP (MOLAP) [#k402902c]
-集計された実体キューブを構築(コンパイルのイメージ)し、クライアントが参照。
-直接キューブに対して、読出しと書込みの両方ができる。
-分析時にデータソースにアクセスしないので、応答時間が速い。
-データを変更した場合、キューブの再構築が必要。

***リレーショナル OLAP (ROLAP) [#b8291422]
-クライアントの要求に基づき、データソースにアクセスし、分析を開始する。
-データベースの性能がボトルネックになる。
-実体キューブを構築しないので、データの変更を気にしなくて良い。

***ハイブリッド OLAP (HOLAP) [#g0a48364]
-MOLAP と ROLAP の属性を組み合わせたもの
-キューブは構築するが、構造だけでデータは格納しない(データのインデックスのみを保持)
-※参考[[パーティションのストレージ モードおよび処理>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms174915(v=sql.120).aspx]]

**動作モードについて [#o8baa15a]
-以下の2つのモード用意している 
-インストール時のオプションで設定し、変更はできない。
-動作モードによってモデル構造も異なる。

***多次元モード [#zcf84825]
-SQL Server 7.0 の OLAP Servicesの頃から提供されている成熟された技術(モード)
-データマイニング機能を利用できるが、スキル習得まで時間がかかる

***表形式(テーブル)モード [#fe991ce8]
-2012から追加されたインメモリで動作する高速な処理エンジンモード
-PowerPivot の処理エンジンを改良したものがサーバ上で動作するイメージ
-セルフBIを目指したコンセプトと言われている

-参考
--[[テーブル ソリューションと多次元ソリューション (SSAS) の比較>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh212940(v=sql.120).aspx]]
--[[BI Semantic Model>https://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj735264.aspx]] ※ 本文のwordドキュメント(英語)

**ロール [#x90131f8]
アクセスセキュリティをロールで設定可能で、
モデルによって設定箇所が異なる(サーバロールは同様?)

***多次元モデル [#m979448c]
-大きく分けてサーバロール、データベースロールがあり、グループ - グループメンバ的な管理が可能
-オブジェクト毎に細かい設定ができ、例えばディメンションに対して~
見れるユーザと見れないユーザをロールによって制御することができる
-参考
--[[セキュリティ ロール (Analysis Services - 多次元データ)>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms174840(v=sql.120).aspx]]

***テーブルモデル [#w1bb7982]
-多次元モデルと同じように設定可能。※ どこが違うのかは未調査

-参考
--[[ロール (SSAS テーブル)>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh213165(v=sql.120).aspx]]

*基本的な作業の流れ [#a108a826]

**前提 [#e1526c4d]
-多次元モデルが前提
-SQL Server Data Toolsを使用
-分析に適した接続可能な対象データベースがある

**流れ [#n3adc1f2]
参考:自習書:Analysis Services 多次元モデル入門・STEP 2. Analysis Services 多次元モデルの基本操作

***多次元モデル プロジェクトの作成 [#eecbaf0d]
-SQL Server Data Tools ([[Visual Studio]])を起動し、プロジェクトを作成
-「Analysis Services多次元およびデータマイニング プロジェクト」を選択、基本項目(プロジェクト名)などを入力

***データ ソースの設定 [#c703d126]
-キューブの元となるデータを格納しているデータベースサーバに対して接続の設定をする
-プロバイダを指定することによってOracleに接続する事も可能
-Windowsサーバにプロバイダをインストールする事によって~
他のデータベースの接続も理論的には可能 ※ 未検証

***データ ソース ビューの設定 [#fa4d2bd7]
-基本的なビューのスキーマはウィザードで自動的に作成可能~
(キーがしっかり定義されていれば、インテリジェンスが自動でリレーションも作成する)
-「テーブルの置換 > 名前付きクエリ」を実行すると、SQLエディタが表示されSQLを書くことができる~
(where句やjoinも普通に使用できるので、ここで大福帳的なデータを作成することも可能)

***名前付き計算の追加 [#i1dbd0f7]
-必要に応じて、テーブル内の項目同士を式を使って演算したカラムを作成
-※ 単価 * 数量 = [受注金額] など

***OLAP キューブの作成 [#xe2f743b]
-キューブ・ウィザードを使用して、ディメンションやメジャーを大まかに定義
-※ 詳細な設定は後で一つ一つ行う必要がある。

***属性と階層の設定 [#x4c29d4b]
-分析軸となるディメンションの「属性」、「階層」を設定(設計)
-メジャーに対して、どの関連データの切り口で分析するか、どんな階層をもたせるかデザインする

***OLAP キューブの参照(利用) [#xc564385]
キューブの処理を実行すると、

-「MDX クエリ デザイナー」と呼ばれるツールでキューブを確認
-ExcelのPivotTableのデータソースとして接続することで利用

できるようになる

**計算メジャー [#v8078637]

***名前付き計算 と 計算メジャーについて [#ba21702f]
-名前付き計算はテーブルに設定してメジャーとして使用するが(※)、テーブルには設定せずにキューブ内に計算メジャーを作成し、同様な事ができる ※使用しないこともある
--難易度高でパフォーマンスが悪いが、組込みの集計関数を使用して特殊な計算ができる
---参考: [[メジャーおよびメジャー グループ>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms174792(v=sql.110).aspx]]
---参考: [[集計関数の使用>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms365396(v=sql.110).aspx]]

***書き戻し(WriteTable) [#k5229ef6]
-多次元モデルの場合、「書き戻し」と言って処理後のキューブのデータに対してメジャーの更新が可能
--キューブ > パーティションの設定で有効にする必要がある
--Excel(Pivot Table)から利用するする場合、あわせてPivot Tableオプションから「What-if分析」を有効にする必要がある
-この機能をうまく利用すると、現在のデータを元に将来の予測増減データを更新保存し、予測シミュレーション的な事ができる
-書き戻しで保存したデータは、[メジャーの格納テーブル名]_WriteTableと言う名前のテーブルに差分として格納される
--元々の値''100''を''101''に変更保存した場合、_WriteTableには''1''が格納される
--元々の値''100''を''99''に変更保存した場合、_WriteTableには''-1''が格納される
---PivotTableなどで接続して確認すると、メジャーの格納テーブル(元テーブル)のデータとそのWriteTableのデータが合算されて表示される
-差分のトランザクションが保存されるため、更新回数が多いとレコード数が嵩んでいきパフォーマンスに影響する%%ことがある%%(自動で集約される事は無い)
--1レコードはPivotTableの1セルに相当する
---1000セル更新したら1000レコードのトランザクションが格納される
---毎日毎日更新したら、毎日毎日トランザクションデータが増えていく
--書き戻しのデータを集約する方法はいくつかあるが、例えばtmpテーブルにWriteTableのデータをキーでGroupかつsumして格納しておき、さらにtmpと元テーブルとを合算したデータをあらたなtmpに作成後、元のテーブルデータを消去、合算したデータを元のテーブルに入れると言った操作が必要となる(tmpテーブルはビューで代替しても良い)
-参考: [[パーティションの書き戻しの設定>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms174823(v=sql.120).aspx]]
-参考: [[Excel 2010 Writeback to Analysis Services>https://www.youtube.com/watch?v=RVfmoRGlSu0]] (youtube)


//*ToDo: 分析ツールとしてExcelのPivotTableを使う例を書く
//--ToDo: 他、SSRS、PowerViewのさわりだけ書く
//
//*ToDo: 開発の言語、アーキテクトが対象によって違う事を書く
//-開発者ガイド (Analysis Services)
//--https://msdn.microsoft.com/ja-JP/library/bb500153(v=sql.120).aspx
//--「テーブル モデルのプログラミング」から大雑把に説明し、特に「多次元モデルのプログラミング」について書く
//
//*ToDo: SQL Server Data ToolsとManagementStudioでできることの違いについて 
//-書く
//
//*ToDo: ADOMD.NET での開発について記載する [#vae61a4c]
//-https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms123483(v=sql.120).aspx
//
//*ToDo: ローカルキューブについて書く [#mec90cb7]


**その他 [#y1c6fd5c]
-エディション毎の機能サポートについてはMicrosoftのページ
[[SQL Server の各エディションがサポートする機能>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993(v=sql.120).aspx#SSAS]]を参照
-[[自習書シリーズ>https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/sqlserver/2012/technology/self-learning.aspx?WT.srch=1&WT.mc_ID=SEM_jHjUAPFU]]
--[[Analysis Services 多次元モデル入門>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning10_SSAS.pdf]]
--[[Analysis Services 多次元モデル応用>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning11_SSAS2.pdf]]
--[[Analysis Services によるインメモリ BI 入門>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning12_InMemory.pdf]]

----
Tags: [[:データアクセス]], [[:SQL Server]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS