「[[マイクロソフト系技術情報 Wiki>http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>SQL Server]]

* 目次 [#i1a4f672]
#contents

*概要 [#b6e01514]
Reporting Services (SSRS)は、SQL Serverに付属のレポーティング機能。

-SQL Server の標準機能として搭載
-Webエディション、Express(with Advanced Services)ではローカルのデータベースのみホスト可能 
--詳細については[[その他>#y1c6fd5c]]の「SQL Server の各エディションがサポートする機能」を参照

-レポートの作成ツールとしては、
--OfficeライクなGUIの「レポート ビルダー」と
--Visual Studio 2010 に統合された「レポート デザイナー」の

>2種類がある

-レポートの作成ツールで作成したファイルはレポート定義言語 ([[RDL>#q5e24304]]) ファイルとして保存

*レポート定義言語 (RDL) [#q5e24304]

**概要 [#ta38ec73]
-SSRSレポート定義の XML 表現。
-データ取得とレイアウトの情報を含む。
-SSRS用のXMLスキーマを定義し商用レポート製品の相互運用性を促進する。

**参考 [#e0eed4f5]
-レポート定義言語 (SSRS)~
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms155062.aspx
-SQL Server RDL Specification~
https://msdn.microsoft.com/library/dd297486.aspx

*レポート ビルダー [#cab2bbf1]
-Microsoft OfficeライクなGUIでレポートをデザインできるクライントツール
-ダウンロードセンターからインストーラをダウンロードし、クライアントにインストールしておく必要あり。

-参考
--[[レポート ビルダー (SSRS)>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh213578(v=sql.120).aspx]]

**レポート作成のながれ [#f7c27129]
レポート ビルダーを使用してのレポート作成の流れは~
以下のイメージ(SQL Server 2012を使用しての例)

***起動 [#r01b694f]
起動 → 「作業の開始」ダイアログが表示

***ウィザードを選択 [#c23d5640]
-[テーブルまたはマトリックス ウィザード]
-[グラフウィザード]
-[マップウィザード]
-[空のレポート]

***データセットの選択 [#fb4f0e7b]
-[このレポートの既存データセットまたは共有データセットを選択する]
-[データセットを作成する] → ここでSQLサーバに接続する設定を行う

***クエリのデザイン [#i9920adb]
-レポートの元となるデータを選択する(ダイアログ)
-[テキストとして編集]ボタンで選択したデータに対して自動生成されたSQL文を編集可能

***フィールドの配置 [#ebe939bd]
「クエリのデザイン」で選択したデータをそれぞれ 列、行、集計の~
いずれで使用するか設定(ExcelのPivotテーブルの様なイメージ)

***レイアウトの選択 [#w5a3603f]
スタイルがいくつか用意テンプレートとして用意されているので、~
選択(「汎用」はスタイルなし) > これでたたきは完了

***デザインの編集 [#w0424c7c]
-あとは、

--画面上でデザインモードと実行モードを切り替えながら、
--フィールドの位置を変えたり、画像を入れたり、
--集計の単位などのプロパティを変更してして

>レポートを完成させていく

-完成したら、[[レポートとして保存>#h3a6b9b2]](.rdl)

**レポートサーバへの保存 [#h3a6b9b2]
作成したレポートは、レポート サーバー(Reporting Services をインストールしたサーバー上)へ保存することで、共有する

-[レポート ビルダー]メニューから[オプション]ボタンで、

-[既定で使用するレポート サーバー または SharePoint サイト]~
(Reporting Services がインストールされているマシン)のURLを設定して、

-保存するとサーバに保存される。

**Web ブラウザーからの参照 [#l2c4c72c]
-レポートサーバに保存されたレポートは、ブラウザから以下のURLで確認できる
 http://[レポート サーバー名]/ReportServer/[レポート名]~

※「レポート デザイナー」では[プレビュー]機能で確認したり、~
スタンドアロン プレビューブラウザーでローカルで参照することが可能

*レポート デザイナー [#ae274582]
-レポート デザイナーは、Microsoft Visual Studio ベースのグラフィカルなクエリ ツールおよびデザイン ツール。
-「SQL Server Data Tools」の一部で、インストール時にコンポーネントの選択画面で選択しておく必要あり。

-参考
--[[レポート デザイナー>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms157166(v=sql.105).aspx]]
--[[レポート デザイナーの概要 (SSRS)>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc281390(v=sql.105).aspx]]

**利用シーン [#p5b25cc1]
難易度の高いレポート開発をしなければならない場合に使う。
-SSISやSSASと連携したり、
-「カスタム拡張機能」を使う。

**機能比較 [#c5b79ecc]
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd207010(v=sql.105).aspx

**レポート作成のながれ [#d100b374]
-[[レポート デザイナーおよびレポート ビルダー 3.0 を使用したレポートのデザイン (SSRS)>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms159253(v=sql.105).aspx]]
-[[チュートリアル (SSRS)>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb522859(v=sql.105).aspx]]

**レポートサーバへの保存 [#zcd0a390]
[配置]機能でレポートサーバへ保存(デプロイ)可能

**[[Web ブラウザーからの参照>#l2c4c72c]] [#j6421cb8]

*ReportViewer コントロール (Visual Studio) [#i899addf]

**概要 [#o3ee51eb]
- ReportViewer コントロールは、アプリケーションでレポートを処理および表示する目的で提供されているコントロール
--ASP.NET AJAX プロジェクトのレポートをホストするための  ReportViewer Web サーバー コントロールと
--Windows アプリケーション プロジェクトのレポートをホストするための ReportViewer Windows フォーム コントロールがある。

-Visual Studio[Web サイト]プロジェクトもしくは[Windows フォーム]プロジェクトの機能(メニュー)から画面やWindowフォームにレポートを追加してデザインすることができる

**参考 [#dc6c72f8]
-[[ReportViewer コントロール (Visual Studio)>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms251671(v=vs.110).aspx]]
-[[サンプルとチュートリアル>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms251686(v=vs.110).aspx]]

**その他 [#y1c6fd5c]
*参考 [#y1c6fd5c]
-[[ASP.NETとSSRSの連携と認証]]

-[[自習書シリーズ>https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/sqlserver/2012/technology/self-learning.aspx?WT.srch=1&WT.mc_ID=SEM_jHjUAPFU]]
--[[Reporting Services によるレポート作成 (上)>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning09_SSRS1.pdf]]
--[[Reporting Services によるレポート作成 (中)>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning09_SSRS2.pdf]]
--[[Reporting Services によるレポート作成 (下)>http://download.microsoft.com/download/5/A/2/5A29D047-2D83-4ACD-919F-4614847E8392/SQL11_SelfLearning09_SSRS3.pdf]]
-[[SQL Server の各エディションがサポートする機能>https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993(v=sql.120).aspx#Reporting]]

----
Tags: [[:データアクセス]], [[:SQL Server]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS