マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Windows Subsystem for Linux (以下、WSLと略す。)
  • 旧称:Bash on Ubuntu on Windows / Bash on Windows
  • 仮想環境、エミュレーション環境(互換レイヤ)なので、
    Hyper-Vの機能は使用せず、新しいサブシステムとしてLinuxを動作させることができる。
  • これは、Linux系の開発環境をサポートすることが主目的と予想されている。

方式

  • Linux互換環境を提供するPicoプロバイダードライバー
    (lxss.sysとlxcore.sysという2つのカーネルドライバー)で実装されている。
  • これにより、ほぼネイティブに(?)Linuxの機能(バイナリ)がWindowsから呼び出せる。

ディストリビューション

厳密には以下のLinuxディストリビューションの上で動作可能なツール

  • Ubuntu
  • OpenSUSE
  • SUSE Linux Enterprise Server
  • WLinux Enterprise
  • Fedora Remix for WSL

詳細

インストール/アンインストール

Fall Creators Update(V.1709)以降

Creators Update(V.1703)以前

ディストリビューション変更

  • WSL-Distribution-Switcherというツールが使用できる。
  • V.1703互換操作で初期ディストリビューションセットアップすれば、V.1709のWSLでも、利用可能。

特徴

自動的にSSHサーバが起動する

  • WSLを入れると、自動的にSSHサーバが起動する。
  • 必要に応じて、
    • Windowsファイアーウォールで当該ポートを塞ぐか、
    • SSHサーバのサービスそのものを無効化する。

I/Oが遅いらしい

Linuxと違いWindowsはファイルシステムへのアクセスが必須で、
大量のフィルター(ドライバ)が登録されているため遅いらしい。

相互運用

WSLでのWindowsとLinuxの相互運用

WindowsとWSL間の接続

WSL上での.NET Core開発

WSL2

概要

  • LinuxカーネルをまるごとOSに内蔵する。
  • 単にHyper-VでホストされるLinux
  • UI/UXはWSLと同じと言うが、
    • ホストと異なるIPアドレスになる。
    • Build 18945で改善されたもよう。

参考

参考

Dockerとの関係

WSL上でDockerを動かすことはできない。
Dockerのクライアント(Dockerコマンド)のみ利用するケースが多い。

Build Insider

@IT

Qiita

kledgeb

仕組み

WSL2

Microsoft Docs

WSL 2

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/wsl2-index

  • WSL 2
  • WSL 2 について
  • WSL 2 のインストール
  • WSL 1 から WSL 2 へのユーザー エクスペリエンスの変更

Tags: :Windows, :Linux, :Linuxサブシステム, :仮想化


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-21 (水) 11:51:43 (54d)