マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

  • 戻る?

目次

概要

「tracert」コマンドは、以下の構文でルーティングについて調査できる。

Usage:

tracert [-d] [-h maximum_hops] [-j host-list]
        [-w timeout] 対象先ホスト(ホスト名またはIPアドレス)

Options:
  -d                IPアドレス指定の場合、ホスト名をDNSから逆引きして表示しない。
  -h maximum_hops   使用する最大TTL。
  -j host-list      経由すべきルータのアドレスを最大9個まで指定できる。
                    ただし、指定されていないルータも経由できる。
  -w timeout        タイムアウト時間を指定する。単位はミリ秒。

※ IPパケットにおける「TTL(生存時間)」は、通過可能なゲートウェイ・ルータ数。

メッセージ例

[失敗例1]:ルータが、時間超過メッセージを返さない

  :
2  21 ms     4 ms     2 ms  xxx.xxx.xxx.xxx
3  * * *
4  16 ms     3 ms     2 ms  xxx.xxx.xxx.xxx
  :
  • 「tracert」コマンドは、
    • 1~「maximum_hops」まで、TTLを1づつ増やしながら
      エコー要求のICMPメッセージを「繰り返し」送信し、その結果を1レコードづつ表示する。
    • 経路上のルータが時間超過メッセージを返さない場合(ルータの仕様・設定などによる)、
      • 結果が「**」で表示され経路が確認できないことがある。
      • ただし、この場合も、トレース自体は継続できる。

[失敗例2]:ルータがICMPプロトコルのパケットをフィルタする

Tracing route to www.test.net [xxx.xxx.xxx.xxx]
over a maximum of 30 hops:

  1  <1 ms    <1 ms    <1 ms  xxx.xxx.xxx.xxx
  2  21 ms     4 ms     2 ms  xxx.xxx.xxx.xxx
  3  *        *        *     Request timed out.
  4  ^C
  • ルータがエコー要求のICMPメッセージをフィルタする場合は、
    • 対象ホストまでの経路をトレースできない。
    • この場合、「Ctrl」+「C」でトレース処理を中止する。

Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :Windows, :シェル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-19 (日) 19:18:49 (90d)